ふるさとチョイスブログ

日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」のスタッフや地域の方が、オススメのお礼の品や地域の魅力など、ここだけの様々な情報を発信しています。

2021
10/15
03_自治体担当者リレーブログ

【高知県室戸市】四国の右下が室戸(むろと)です!

こんにちは。
四国の右下に位置する「高知県室戸市」で、ふるさと納税を担当して6年目。竹崎と申します。

▲室戸市ふるさと納税担当職員

前回担当の東さん(佐川町)よりご紹介いただきました。いつも笑顔の東さんは「高知県ふるさと納税自治体連携協議会」のメンバーでいつも情報交換をさせていただいております。

「高知県ふるさと納税自治体連携協議会」の説明は、前々回(9月15日配信)の黒潮町の山沖さんが行ってますので省かせていただきますが、本協議会をとおして、高知県内のふるさと納税を担当している自治体職員の方々と知り合うことができ、困ったことや悩んだことなど気軽に相談できため大変助かっております。

 

【室戸市の紹介】

人口約12,300人のまち、高知県室戸市(むろとし)。
四国の右下が室戸市です。

近年全国的に有名になった観光施設「むろと廃校水族館」

▲高知県ふるさと納税自治体連携協議会メンバー×むろと廃校水族館(平成29年度)

旧椎名小学校を改修し、平成30年4月26日にオープン。
屋外プールと校舎内に設置した水槽には、地元の定置網にかかったウミガメや魚、サメなどがゆったりと泳いでいます。
小さなお子様だけでなく、大人の方にとっても机や椅子、黒板などがそのまま利活用されているので小学生の頃の懐かしい気持ちになり何度でも行きたくなる水族館です。

 

【竹崎×ふるさとチョイスについて】

私は室戸市に入庁して11年目ですが、6年前よりふるさと納税を担当させていただいております。

6年前といえば、ふるさとチョイスの活躍により、全国でふるさと納税をされる方が大幅に増えた時期です。

6年前、税務課市民税班から総務課市長公室への異動発表があり、市長公室って何??何をする部署??今まで市長と会話したことは入庁1年目に強制参加させられた?市長との懇親会しかないのに・・・と、不安と不満を抱え、市長公室に異動の挨拶に行ったことを覚えています。

市長公室は市長室の前にあり、室長、正職員1名、臨時職員2名の少数体制で、業務引継ぎでは前任の高崎から言われたことが、登記関係とか電力関係とか色々あるけど、メインは「ふるさと納税」で今年は寄付1.5億円(約1.6万件)だから来年はもっと増やすようにがんばってね。でした。

当時、室戸市の税収が約10億円だったため、室戸市に1億円も寄附があるの!!と驚いたことを鮮明に覚えています。

その後、高崎からは「ふるさとチョイス」への登録方法や画像の編集方法など簡単にレクチャーされ4月1日を迎え、手探りの状態で寄付がとにかく増えるようにと、人気のある自治体さんのページや取組を勉強したことはいい思い出です。(今でも寝る前はずっとスマホでふるさと納税のページばかり見ているため、嫁から病気であんた。と言われます。)

さて、色々試行錯誤したことや返礼品提供事業者の皆様のおかげで、寄附額は順調に伸び昨年度は約15.4億円(約9.8万件)のご寄付をいただきました。

毎年、寄付が減ったらどうしよう。どうしよう。という不安がずっと付きまとい、寄付が多くなる11月から12月は目を閉じても寝れないため、スマホでついついふるさと納税サイトを確認し、前日の寄付結果が気になり朝早く職場にいくことが日課となってしまいました。

 

さて、室戸市は現在10を超えるふるさと納税ポータルサイトを利用させていただいておりますが、私はふるさと納税サイトの中で「ふるさとチョイス」が好きです。

というのも、ふるさとチョイスの運営会社のトラストバンクのHさんという方との出会いがきっかけでトラストバンクが好きになりました。

▲室戸市ふるさと納税担当職員(令和元年度)×トラストバンク林さん

5年前に室戸市にトラストバンクのHさんが来庁されたときの食事会で、私の上司を説教し、泣かしたことがありました。

理由としては、当時の上司と私が考えるふるさと納税に対する考え方が多少異なっており、部下の私から言えないことをズバズバ言っていただけました。

「ふるさと納税の目的は寄付を伸ばすことだけが目的ではなく、いかに健全な発展を図っていくのか」といった内容だったはずです。夜中の3時頃の出来ことだったためうろ覚えですが(^^;

 

なお、余談になりますが、ふるさと納税業務を外部委託していないため、どうしても時間外業務が増えてしまいます。

その際に、私の尊敬する上司、池田からは「他自治体はもっとやってるぞ。定時で終わる他部署をうらやましく思うな、他自治体のふるさと納税職員のことを考えて働け。」とありがたいお言葉が11月、12月の多忙な時期の私を支えてくれております。

▲高知県ふるさと納税自治体連携協議会メンバー(平成27年度)

 

【感謝】

さて、末尾になりますが、新型コロナウイルスの影響により全国と同様に室戸市の事業者も多大な影響を受けましたが、返礼品を提供している事業者の方からは「ふるさと納税のお申込みがあったから本当に助かった。」や、「寄附者の方からわざわざお電話で温かい応援のメッセージをいただき嬉しかった。」などの話を聞きました。

(返礼品提供事業者)

 

この場をお借りして室戸市へご寄付いただいた皆様に感謝申し上げます。

本当にありがとうございます。室戸市へ是非遊びにきていただければ幸いです。

次回の投稿者は、本市と同様に日本ジオパークに認定されている高知県土佐清水市の畠中さんです。よろしくお願いします!

 

▼高知県室戸市のページ

https://www.furusato-tax.jp/city/product/39202

 

<< 前回の記事「【高知県佐川町】まちまるごと植物園の取り組みを進めています。」

関連記事

ふるさとチョイスブログ

日本最大のふるさと納税総合サイト
「ふるさとチョイス」の
スタッフや地域の方が、
オススメのお礼の品や地域の魅力など、
ここだけの様々な情報を発信しています。