ふるさとチョイスブログ

日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」のスタッフや地域の方が、オススメのお礼の品や地域の魅力など、ここだけの様々な情報を発信しています。

2019
03/13
06_トラストバンクの日常

トラストバンクスタッフのあるある話 (焼き肉屋編)

こんにちは、トラストバンクで広報をしているむなかたです。

トラストバンクのあるある話

それは、先日も、少し良さげな鉄板焼き屋で起こりました。

お肉を持ってきた店員さん
「これは、○○県のお肉です」

と、目の前においしそうなお肉。

・・・(みんな、顔を見つめ合う)

 

そして、
トラストバンクスタッフが必ず聞いてしまうこと

それは、
「○○県のどこのお肉ですか?」

(店員さん)
「え?
○○県のどこの?おにく?
え?どこのですか?
え?○○県のどこのっていうのは???」

そう言って、必ず店員さんは、○○県のどこのお肉かを確認するため、厨房に消えていきます。

 

トラストバンクスタッフは、決して、
迷惑をかけようとしているわけではないんです。

マクドナルドに言って
「スマイルください」
なんて、ベタで迷惑で中学生みたいなことをやりたいんじゃないんです。

ただただ、本当で気になるだけなんです。。。
○○県の次にくる、市区町村名が気になるんです。

たぶん、それは、トラストバンクスタッフの職業病です。

でも、この気になる気持ちこそ、
ふるさと納税に重要なことだと思います。

その地域の違いこそが、日本の多様な魅力であり、
その魅力を知る(知ってもらう)きっかけになっているのがふるさと納税です。
そして、それが、交流人口や関係人口にも繋がると考えて、ふるさとチョイスを運営しています。

僕たちには、都道府県だけでなく、市区町村も重要なんです。

だからこそ、
今後も、ずっとこの先も、
ちょっと店員さんにイラっとされても、

「○○県のどこのお肉ですか?」

を聞き続けます。

関連記事