ふるさとチョイスブログ

日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」のスタッフや地域の方が、オススメのお礼の品や地域の魅力など、ここだけの様々な情報を発信しています。

2018
02/09
02_お礼の品をご紹介

癒しの手作り行灯(あんどん)

あきこです。トラストバンクのオフィスには、色んな所に「お礼の品」がさりげなく置かれていたり、使われていたりします。そんな「お礼の品」をこれから少しずつご紹介していきたいと思います。

まず、「お礼の品」をご紹介する前に、オフィスには色々なこだわりがあります。

オフィスにいらっしゃったほとんどの方に「面白いねー。」と言っていただくのが、会議室の名前。

トラストバンクには8つの会議室があります。

それぞれの会議室には、
北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄

と8つの地域名がつけられているんです。
それぞれの会議室の中にも、こだわりや特徴があるのですが、長くなるので、その話はまた今度ゆっくりお話ししたいと思います。

今日はそのうちの1つ。畳の掘りごたつになっている「四国」にさりげなく置いてある「お礼の品」をご紹介します。

■新潟県柏崎市 門出和紙 行灯(ミニ)
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/15205/30185

なんとも言えない味わいのあるクロモジの枝にクロモジ染紙と白和紙を貼った手作り行燈(あんどん)。
今は、和室もないお家も多いですが、”行燈”という言葉も久しぶりに使いました。

あぁ、夕方にポツンと灯りをつけて癒されたーい!

でも、ここでは周りのネオンの方が強いかな・・・。

関連記事