ふるさとチョイスブログ

日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」のスタッフや地域の方が、オススメのお礼の品や地域の魅力など、ここだけの様々な情報を発信しています。

2019
07/03
04_イベント情報

大分県臼杵市がふるさとチョイスCaféにやってきましたーーー!

こんにちはー

お祭り好きのりんです。

本日は、先週(6/29)にふるさとチョイスCaféにて、大分県臼杵市の事業者さんが商品開発中の生姜アイスの試食会と臼杵市の取組みなどを紹介するイベントを開催しました。

その前に大分県臼杵市をご存知ですか????

臼杵市は、豊後水道を臨む美しいリアス式海岸と豊かな山林、田園風景が広がる自然に恵まれたまちです。一方で、悠久の時を見つめる国宝臼杵石仏のほか、中世ではキリシタン大名による南蛮貿易で国際都市として名を馳せ、今も武家屋敷などの風情を留める歴史と文化薫る城下町です。伝統を大切にする臼杵人気質は、豊かな食文化の魅力と相まって、「日本の心が息づくまち」として旅人を魅了しています。

当日のふるさとチョイスCaféのイベント内容をご紹介する前に臼杵市の寄附金の使い道の紹介をさせていただきます。

使い道の1つでもある「安心して子どもを産み、子育てできる環境づくり」
子どもたちが安心して遊べる公園整備に充てているそうです、かつて市内にあった大型遊具が古くて危険ということもあり、家族連れは市外の大型遊具がある公園へ遊びに行ってしまうという課題がありました。そこで、市民アンケートを実施し、ふるさと納税を活用して大型遊具のリニューアル等、公園整備がされました。

これによって今では平日・休日問わず、市内外の家族連れが楽しむ姿が多く見られるようになったそうです!!

ふるさと納税ならではの取組みで、私もすごく感動しました。全国にこのような寄附金の使い道が広がってくれるといいですよねー。

使い道2つ目うすきの資源を活かした産業の振興
子どもに安心安全な農産物を食べて育ってもらいたい、住民の健康寿命の延伸を目指したい、などの想いを持ち、臼杵市が力を入れている有機農業の推進事業に活用されています。臼杵市は「ほんまもん農産物」という安心安全な農産物の独自認証ブランドを確立していますが、この農産物の振興に対する補助や、農家の指導支援などを行うことで、年々認証数や農家数が増えており、ふるさと納税の人気返礼品になるなど、市内外問わず多くの方に親しまれる農産物となっているそうです。

私も実際に有機野菜を食べましたが、安全・安心、そして美味しいー!いうことないです。

使い道3つ目移住・定住による「うすき暮らし」のすすめ
地域おこしを目的に日々励む地域振興協議会の活動補助に活用されました。 臼杵市では小学校地区ごとに地域振興協議会という協議会を立ち上げ、その地区の優志の方々がまちおこしに取り組んでいます。その中でも都松振興協議会では、新たな地区の特産品を開発・販売することで稼ぐ機能を確立し、市の補助に頼らず自走しようという熱い気持ちを持ち、この活動補助金を活用して黒にんにく、エゴマ油、甘茶という特産品づくりを実現しました。

これこそふるさと納税を活用して地域におこっている変化ですよねー

大分県臼杵市の紹介と皆さんからいただきました寄附金の使い道についてご紹介させていただきましたが、ここから本題に入りますー!!

大分県臼杵市から臼杵煎餅の事業者さんが商品開発中の生姜アイスの試食会を実施しました。
創業100年の臼杵煎餅を製造&販売しており、100年の節目として臼杵の有機生姜を使った生姜アイスを開発し、実際に東京の方から生の声を聞きたいとの要望があり、試食会を開催しました。

 

創業100年続く「後藤製菓」と生姜アイスの紹介をさせていただきます。

■創業100年続き後藤製菓は????
創業100年続く後藤製菓は? 江戸時代、参勤交代の携行食が起源と言われる生姜の味が特徴的な銘菓「臼杵煎餅」を作る老舗で、今年で創業100周年を迎えました。
「不易流行」を社是に掲げ、古き良き伝統を守る一方で、時代に沿った新たな挑戦(100周年記念ブランド「IKUSU ATIO」の立ち上げや、臼杵煎餅の学校給食寄贈など)を行ってます。

ふるさと納税でも人気の臼杵煎餅のお礼の品はこちら

創業100周年を記念した新ブランド「イクスアティオ」はこちら

■商品開発した生姜アイスへの想い
臼杵市は昔、生姜の一大産地であったことから臼杵煎餅は生姜味になったと言われています。現在では生姜の生産量はそこまで多くなく、臼杵煎餅に使う生姜は臼杵産では賄いきれず、九州産止まりです。

そんな中、有機農業を推進する臼杵市の取り組みによって、近年は有機生姜が生産されています。臼杵煎餅以外の新たな生姜の加工品を作り、世の中に臼杵の有機生姜をPRし、有機生姜の生産量増加の一助となりたい!という想いで、100周年の節目に臼杵の有機生姜を使った生姜アイスに挑戦してみようとなったそうです。

試食会当日は、雨にも関わらず多くの方に来店していただきました。

当日は、お子さんからご年配の方と幅広く多くの方から生の声をいただきまけました。

■実際に生姜アイスを食べた方の感想
・生姜アイスは初めて食べたけど美味しかった!
・もっと生姜を効かせても良さそう!
・生姜◯%など、色んな辛さのものがあると楽しい! などなど、沢山のお声をいただきました。

■後藤製菓 5代目の後藤亮馬さんからイベントを通しての感想
まず一番驚いたのは、ふるさとチョイスCaféに来られるお客様みなさんが、本当に真摯に向き合いアンケートに答えてくれたことです!
アンケートには自由記載欄を設けていたのですが、ほとんどのお客様が空欄無しで真剣に考えた感想やアイディアを記載してくれました!
お陰様でじっくり生の声を聞けましたし、内容の濃いご意見をいただくことが出来ました!
今回のお客様の声を元に、今度は私ども後藤製菓が沢山の感想と向き合い、商品開発に取り組んで参りたいと思います!
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!!!!

今回いただいた貴重な声を今後の商品開発へ活かすそうなので、大分県臼杵市のふるさと納税のお礼の品に加わることを楽しみにしていてください!!!
また、大分県臼杵市さんは、10月24日(木)~27日(日)まで、ふるさとチョイスCaféにてふるさと納税のPRイベントを実施しますので、こちらも是非参加してくださいね。

大分県臼杵市の紹介ページ

ふるさとチョイスCaféでは、8月下旬から12月初旬にかけて毎週末自治体さまのPRイベントを実施しておりていきますので、有楽町に来た際は是非お立ちよりください。

関連記事